スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<雑記帳>献血者に食パンと生卵 大阪でキャンペーン(毎日新聞)

 国民の朝食の欠食割合が年々増え、若年層では3割(08年国調査)に達する中、大阪府赤十字血液センターが「朝メシ!食べよう」と、献血者に食パンと生卵を贈るキャンペーンを実施中だ。

 春先は異動や花粉症で献血が控えられ血液が不足。特に午前中は少ない。そこで、協力者の荷物にならぬよう会場を府内のスーパーなど10カ所に設定し、それぞれ先着50人に30日まで配布する。

 「食育もにらむキャンペーン。卵サンドなど作って食べて。朝食抜きでは献血もできません」と担当者。元気だから献血できるか、献血できるくらい元気か……。「鶏と卵」の話?【最上聡】

【関連ニュース】
調味料:石垣島ラー油や卵専用しょうゆ人気 「内食」影響
うずらの卵プリン、商品化 改良で臭み消す
ゴルフ 「今度は僕が力になる」 石川、献血を宣言
菜の花祭り:鹿屋農高でにぎわう 減農薬の野菜や卵など販売 /鹿児島
献血キャンペーン:新聞販売協会が呼び掛け 桜井など県内4カ所で /奈良

悪天候で帰還1日延期=山崎さんのシャトル(時事通信)
国交政務官に6年間で献金1億 出身のJR西労組側から(産経新聞)
首相「札束でほっぺたをたたかない」 普天間問題(産経新聞)
今夏のテーマは「心の癒し」 東レの新作水着、女性らしさを志向(産経新聞)
島根女子大生遺棄 県警本部長も参加しビラ配布 情報求め(毎日新聞)
スポンサーサイト

総合出版社のリストラ内幕 時々刻々「ドキュメンタリー」暴露(J-CASTニュース)

 出版社社員と名乗る45歳男性が、自分が勤める会社のリストラ・早期退職に関する内容をドキュメンタリータッチでブログに書き、話題になっている。2010年5月末に早期退職するまで書き続ける、と宣言、社内の混乱やリストラ後の給与などを克明に記述している。

 ただ、内容が本当なら、内部情報を漏洩したとして、社内処分が出てもおかしくない。

■社員120人のうちの50人を早期退職

 問題のブログは「はてなダイアリー」で2010年3月29日に始まった「たぬきちの『リストラなう』日記」。筆者が勤めているのは業界の売り上げ順位10位くらいの総合出版社だという。勤続20年、編集、宣伝、販売などの部門を経験した。3月中旬に会社が「このままでは立ちゆかないので、社員を減らします。優遇措置を設けたので希望退職を募ります」と宣言、リストラが始まった。以降の会社の対応や自分の心境を、4月21日までに19回綴っている。

 出版社は3月中旬にリストラ策を発表。項目の一つに早期退職社募集があった。対象になったのは50代以上と、営業・管理の40代以上で、社員数120人のうちの50人。早期退職に応じた場合、退職金が上乗せされるが、社に残った場合、過酷な給料カットが待っているという仕組みだ。

■面接者に向かい「お前が辞めろ!」と怒鳴る

 ここでは09年6月に基本給5%カットがあったばかりなのに、40歳以上が15%カット、40歳未満は10%カットされる。そのほか諸々の手当も無くなる。「たぬきち氏」の09年度の年収は1169万7471円だった。仮に早期退職しなければ「だいたい840万くらいに下がる」と計算している。

 色々悩んだあげくに早期退職を決意したのだが、決め手は給与の減額ではなかった。出版社が経営的にピンチに追い込まれていることだけでなく、電子化の流れについて行っていない、など将来性がないと踏んだからだ。

 早期退職の募集を開始してから社内には殺伐としたムードが流れた。「辞めさせる五十名のリストがある」「あいつは載ってる。ガチだ」などの噂が出て、自分の未来を考えるより、デマについて語る時間が長くなる。ある人は早期退職を担当する面接官に「このまま残られても、今と同じポジションで残れるかはわかりません」と言われ、面談の中でキレ、面接者に向かい「お前が辞めろ!」と怒鳴りつけた。早期退職が決まったのは39人。定員に満たず、そのため対象者を「編集部門の四十歳以上も含む」に広げるらしい、と書いている。

■「 退職金を取り上げられるとかあるかもしれない」

 出版社のリストラの内幕を「完全暴露」しているわけだが、退職が決まったからといって社内情報を公開するのはどうなのか。実は、たぬきち氏も心配していて、このブログの存在が知られれば「クビだっ!とかなるんじゃなかろうか」「こっぴどく叱られるかもしれない。退職金を取り上げられるとかあるかもしれない」と書いている。

 それでもなぜ書き続けるかと言えば、勤める出版社は情報公開をしない体質だからだという。今回のリストラも業界紙に小さく記事が載っただけ。

  「こんなこと始めちゃった僕にはもはや、外部の人に対する説明責任があると考えたからだ」

と書き続ける理由を説明している。

 このブログについて、ネットでは「出版業界の置かれている状況がよくわかる」「たぬきち氏の勇気ある発言に心奪われる」などと評価が高い。たぬきち氏が勤務する会社だとネットで名指しされている出版社に、処分はあるのかどうか聞いてみたところ、広報室から、

  「(わが社の)社員であるともないともお答えできない」

との回答が返ってきた。


■関連記事
「末期がんで余命1年」は嘘 闘病ブログ炎上、記事削除 : 2010/04/13
グラビアアイドル襲おうとした?  オリラジ藤森ブログで噂を完全否定 : 2010/04/09
「AKB48」メンバーブログが「炎上」 テレビ番組巡りコメント1万 : 2010/03/25
紳助お気に入りのタレント並べて手垢まみれの企画 鬱陶しい! : 2010/04/20
ツイッターは最強の「婚活ツール」となるか? : 2010/04/16

インフル、B型など季節性の割合が増加(医療介護CBニュース)
コンテナ回収作業を再開 山崎さん19日帰還へ(産経新聞)
<円山動物園>ヒグマ館オープン 雌の「とわ」人気 北海道(毎日新聞)
「小沢君は死んでも辞めない」と渡部恒三氏(読売新聞)
日本医師会の新会長が消費税増提案も、出席議員の反対で即撤回(産経新聞)

手配の男の身柄を確保=長崎・警官2人刺傷(時事通信)

 長崎県佐世保市で、警官2人が職務質問した男に刺されて重軽傷を負った事件で、殺人未遂と傷害の疑いで指名手配された住所、職業不詳の神山望容疑者(33)が13日、福岡県警南署に出頭した。同県警は神山容疑者の身柄を確保した。
 神山容疑者は12日未明、佐世保市のJR早岐駅近くの路上で職務質問を受けた際、長崎県警機動捜査隊の川口欣也警部補(49)と川渕圭巡査部長(42)をナイフのようなもので刺して逃走したとされる。 

【関連ニュース】
33歳男を指名手配=佐世保の警官刺傷
殺人容疑で男6人再逮捕=バットで殴打、グループ対立か
強盗容疑で28歳男逮捕=290万円奪い6年逃走
手配容疑者、来院したら通報=美容外科業界と協定
手配の男、署訪れ逮捕=知らずに知人の面会に

<子ども手当>「全額現金支給」厚労相が見解(毎日新聞)
普天間問題で協力求める 日米非公式首脳会談で鳩山首相(産経新聞)
堺1歳死亡 同居男「何度も暴力」 3病院、児相へ通告せず(産経新聞)
これが貧困ビズ「囲い屋」の手口、巧みに生活保護申請させ紹介料(産経新聞)
酒気帯びでタクシーと衝突 運転の男逮捕(産経新聞)

雑記帳 都心から最も近い「潮干狩り」始まる(毎日新聞)

 都心から最も近い潮干狩り場として知られる千葉県船橋市の「ふなばし三番瀬海浜公園」で13日、潮干狩りが始まった。東京ドーム3個分の14ヘクタールの砂浜に「あった」と子供たちの歓声が響いた。

 東京湾最深部に残された干潟。入場料は大人420円と格安で、くま手レンタルもある手軽さから、利用客は83年のオープン以来右肩上がり。6月15日までの期間中に14万人が訪れる見込みという。

 管理する市公園協会が気を配るのはアサリをまく量。持ち帰り料金は100グラム60円だが、ゴールデンウイーク中は1日2万人もの人出が予想される。担当者いわく「アサリ過ぎにご注意」。【橋本利昭】

【関連ニュース】
◇写真特集◇水辺の生き物いっぱい 毎日水族館
◇写真特集◇美しい日本の海 命あふれる水の世界
◇写真特集◇サンゴ礁:命はぐくむ「海の熱帯林」 世界で3分の1がピンチ
◇関連記事◇潮干狩り:GWなら前半 気象庁がお勧め期間発表
潮干狩り:さあ解禁 船橋の三番瀬で13日から /千葉

カラスの巣で2700世帯停電 材料の針金が原因(産経新聞)
マンション火災、幼児死亡=祖母と孫1人重体-川崎(時事通信)
<バス追突>日本人観光客数人けが オーストリア(毎日新聞)
マニフェスト修正を、連合会長が首相に要求(読売新聞)
<パワハラ>部下男性に「事務長が退職強要」 北海道千歳高(毎日新聞)

宗教施設など6棟燃える(産経新聞)

 5日午前0時ごろ、名古屋市南区駈上の住宅付近から出火し、宗教施設と民家の計3棟を全焼、工場など3棟に延焼し、約4時間後に鎮火した。けが人はなかった。南署が現場を実況見分し、出火場所や原因の特定を急ぐ。

 延焼した民家の隣に住む女性(65)は「寝ようとしていたら、爆発のような音が数回聞こえ、外を見たら炎が上がっていた。『助けて、通報して』と叫ぶ声が聞こえ、急いで外に出た」と話した。

<枝野担当相>大型連休中の閣僚海外出張「必要最小限で」(毎日新聞)
<参院選>「小沢ガールズ」再び 新人27人中、女性13人(毎日新聞)
<威力業務妨害>運動場に無断でミカン植える…容疑の男逮捕(毎日新聞)
国会議員「仕分け人」8人を発表=社民も参加-第2弾(時事通信)
春の交通安全運動 交差点は気を付けて(毎日新聞)

<雑記帳>忍者衣装で辞令…「忍者の里」の伊賀市長(毎日新聞)

 「伊賀流忍者の里」で知られる三重県伊賀市で1日、新職員26人への辞令交付式があり、内保博仁市長ら幹部が黒の忍者衣装で出席。スーツ姿の新職員に辞令を手渡した。

 同市でこの日開幕した「伊賀上野NINJAフェスタ」のPRの一つ。5月5日までの期間中、忍者気分を満喫できるアトラクションなどが市内の上野公園を中心に繰り広げられる。

 新職員を前に内保市長は「市民に対する情けが大事」と激励。忍者に情けは無用だが、財政難の折、新職員は「市民のための(耐え)忍び」をスタートさせた。【関谷徳】

【関連ニュース】
フィギュアスケート:村主章枝がサニーサイドアップ入社
新入社員:目指す役職は?…「興味なし」が男性で初の首位
セブン&アイ:挑戦の年に…一足早い入社式
トヨタ:1250人が入社 昨年からほぼ半減
日本航空:「再生への最後のチャンス」 入社式で稲盛会長

【風】現役世代、それぞれの思い(産経新聞)
杉並・和田中の「夜スペ」施設使用は適法(産経新聞)
規定ない“名誉顧問”に給与月50万円 立命館(産経新聞)
雑記帳 津軽弁の魅力がたっぷり楽しめるDVD発売(毎日新聞)
「店外デートで勧められ始めた」大麻所持教頭(読売新聞)

訃報 大森実さん88歳=ボーン・上田賞のジャーナリスト(毎日新聞)

 【ロサンゼルス吉富裕倫】ベトナム戦争報道を指揮するなど国際事件記者として知られた元毎日新聞外信部長のジャーナリスト、大森実さんが25日午後(日本時間26日午前)、米カリフォルニア州南部ミッションビエホ市の病院で肺炎のため死去した。88歳だった。

 葬儀・告別式は家族による密葬を行う予定。喪主は妻恢子(ひろこ)さん。

 大森さんは、1922年神戸市生まれ。神戸高商(現兵庫県立大学)卒業後、いったん日本窒素肥料(現チッソ)に入社したが、終戦を機に毎日新聞に入社。大阪社会部からワシントン特派員となり、同支局長、外信部長を歴任した。1960年度のボーン国際記者賞(現在のボーン・上田記念国際記者賞)を受賞。ベトナム戦争の企画「泥と炎のインドシナ」で65年度の新聞協会賞を受賞したが、米軍による北ベトナム空爆報道をライシャワー駐日米大使に非難された。

 66年に退社した後も、ジャーナリスト活動を続けた。カリフォルニア大アーバイン校歴史学部の教授も務め、「戦後秘史」全10巻、「人物現代史」全13巻、「ザ・アメリカ勝者の歴史」全10巻など多数の著作を残した。

【関連ニュース】
<ニュースボックス>1965(昭和40)年2月7日 米国、北ベトナムの爆撃開始
<昭和毎日>1968(昭和43)年 米原子力空母エンタープライズが佐世保入港
<今、平和を語る>ジャーナリスト・前参議院議員、田英夫さん
<ことば>ベトナム戦争

警察庁長官狙撃 「オウムのテロ」 会見で警視庁公安部長(毎日新聞)
政府案、月内策定を約束=普天間移設問題-鳩山首相(時事通信)
【めざせ!ネイル美人】ピンク恋し春(産経新聞)
自民・大島幹事長、舛添氏に参院選へ協力要請(読売新聞)
死亡男児にアイロンの跡=容疑者夫婦を起訴-奈良地検(時事通信)
プロフィール

Author:ミスターただしいぬい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。